高級ミニバンにお得に乗れる?
トヨタ アルファードでカーリースを使うメリットとは

トヨタ アルファードはラグジュアリーな雰囲気と広い室内空間で人気を誇るLサイズミニバン。しかし、そのぶん車体価格も高額で、ローンで購入するにしても勇気がいるものです。

そんなときは、毎月定額で新車に乗ることができ、税金や車検代などの費用もひとまとめにできるカーリースを利用するという方法もあります。

今回はアルファードを検討するにあたって、カーリースのメリットや、ローン払いとの比較も含めて解説していきましょう。

アルファードに乗るにはカーリースとローンどっちがお得?

カーリースとローン、どちらも月額で費用を支払っていくイメージですが、それぞれどのような違いがあり、どちらがお得なのでしょうか?
まず、車体価格3,597,000円(消費税込み)のアルファード Xグレード(2WD、8人乗り)を、7年契約の84回払い(ボーナス払いなし)という設定で、カーリースとローンの1ヶ月にかかる費用を比較してみました。

アルファードに乗る場合の1ヶ月にかかる費用
カーリース(ラクのり ベーシックコース) ローン(金利年率5% 頭金、ボーナス払いなし)
月額 64,020円※1 50,882円※2
支払い回数 7年契約、84回払い 7年契約、84回払い

※1.頭金なしの場合。グレードによって頭金が必要な場合があります。※2.JAバンク マイカー返済シミュレーションにて、借入額を3,600,000円に切り上げて試算。

比較すると、カーリースの費用の方が高く見えますが、この月額料金の中には車体価格に加え、車検代や税金、さらにはオイル交換や年1回のボディガラスコーティング費用も含まれています。
つまり、カーリースの契約期間中は税金や車検費用を用意する手間が省け、車の維持費をシンプルに管理することが可能。 さらに、ラクのりではイデックスカードの利用で燃料代も割引になり、お得にアルファードに乗ることができます。
単純に毎月の支払いだけを見ると、ローンの方が安いように見えるかもしれません。
しかし、ローンの場合は、月々のローン支払いはもちろんのこと、毎年の税金や車検代、オイル交換などのメンテナンス費用を自分で管理しなければなりません。

※車の維持費について詳しく知りたい方はこちらもチェック!

ローンとは異なるカーリースならではのメリットとは?

カーリースの場合、契約の際は頭金が不要で、契約の1ヶ月目から定額払いが始まるため、アルファードのような高額な車もご契約が可能です。(グレードにより頭金が必要な場合もあります。)
そして、ラクのりではリース期間が7年の場合、5年経過後から自由に乗り換えや、返却が可能です。
また、リース契約満了後にはそのまま乗り続けるか、車を返却して年間リース代の20%のキャッシュバックをもらうかを選択することもできます。
契約時はよくても、時が経てば生活環境が変化することもあるので、自分の状況に合わせて車を簡単に乗り換えができるのは、カーリースの大きなメリットといえるでしょう。

ラクのりなら選べるメンテナンスで車のアフターケアも安心

月々の支払いには税金、車検代、メンテナンス料などが含まれており、プランによってはタイヤのローテーションやバッテリー交換などの項目も追加可能です。
さらに年1回、クリスタルキーパーを使用したボディガラスコーティングが全プランに組み込まれているので、車は何年たっても綺麗な状態を保つことができます。
こういった整備はラクのりの契約店舗で気軽に受けることができるので、後々出費を増やしたくない方や、メカにはあまり詳しくない方にとってはありがたいシステムです。

ミニバンの王様と呼ばれるアルファードとは?

2002年5月に初代モデルを発売し、現在は3代目のトヨタ アルファードは、350万円を超える価格でありながら、2021年1月から月販1万台を売り上げ続けるほどの人気です。
Lサイズミニバン特有の広大で豪華な室内空間はもちろんのこと、現行モデルからは巨大なメッキグリルが装着。
ゴージャスかつ迫力のあるフロントフェイスとなったことも、アルファードの魅力のひとつとなっています。

上質感たっぷりのおすすめグレード

X、S、Executive Loungeなどの多くのグレードが存在するアルファードですが、その中でもおすすめなのが車体価格4,681,600円の「S“Cパッケージ”」です。
価格は最安モデルから100万円ほどアップしますが、レザー仕様のオットマン付パワーシートやステアリングヒーター、大型コンソールボックスなど、室内の上質さと快適性がさらにアップしています。 アルファードのラグジュアリー感を堪能するのならば、価格と装備のバランスが良いS“Cパッケージ”がおすすめです。

アルファードの基本情報

アルファードの車体サイズはガソリン車(2WD)で全長×全幅×全高 = 4,945mm × 1,850 mm ×1,935mmと、ラージサイズミニバンと呼ばれるだけあり、堂々とした存在感のあるサイズ。
気になる燃費は、ガソリンエンジンのXグレードでWLTCモード10.8km/Lですが、2トン近い車両重量ということを考えれば及第点と言えます。 また、ハイブリッドモデルならWLTCモード14.8km/Lと、Lサイズミニバンとしてはかなり優秀な低燃費性能です。

子育てや送迎に最大限の力を発揮

アルファードは、広い室内、3列シート、スライドドアなど、居住性と利便性に特化し、子育て世帯の方にもおすすめです。
後部スペースが広いのはもちろん、室内高は1,400mmもあるので、たとえばチャイルドシートを装着した状態でも、抱っこしたままお子さんを降ろしやすいという利点があります。
また、家族の人数が4人であったとしても、3列シートは大活躍。おじいちゃんおばあちゃんや友達家族との旅行など、5名乗車の車にはないゆとりのあるスペースが大きな魅力です。
そして、ミニバンの3列目シートは狭いと思われがちですが、アルファードの場合はしっかりとした膝前、足元空間を確保。旅行や送迎など、さまざまな場面で活躍をしてくれます。

スライドドアこそが最大のメリット

お子さんを後部座席に乗せている際、気を使うのがドアの開閉です。
ドアを開けた際に隣の車にぶつけてしまう通称「ドアパンチ」と呼ばれる現象ですが、車体と水平に開くスライドドアならば、これに悩む必要がありません。
さらにアルファードであれば、両手に荷物を持っていても自動で開く「ウェルカムパワースライドドア」や、 スライドドアが閉まっている途中でもドアロックの操作ができる「予約ドアロック機能」を装備。 こういった機能は子育てにはもちろん、ちょっとした買い物やアウトドアにも役に立つので、今やファミリーカーにスライドドアは必須と言っても過言ではありません。

カーリースでお得にアルファードに乗ろう

アルファードは利便性、デザインともに最高峰の大人気ミニバンです。しかし、その分高額な車体価格がネックで、現金一括はおろかローンでの購入も手を出しづらいという方も少なくないでしょう。
しかし、カーリースのラクのりなら、毎月の定額払いに加え、ユーザーの環境に合わせた乗り換えや、返却によるキャッシュバックも用意。頭金無しでもご契約可能なグレードがラインアップされていることも魅力の一つです。
どのような車の乗り方がいちばん良いのか、自分の今とこれからの生活環境を考えた場合、カーリースの利用も有効な選択肢のひとつです。