軽自動車最大クラスの室内空間!
ダイハツウェイクをお得に乗るならカーリースがおすすめな理由

「どデカく使おう」のキャッチコピーで、非常に広い荷室と室内が売りのダイハツ ウェイク。室内は使い勝手に特化しており、日常生活はもちろん、アウトドアでも重宝するスーパーハイトワゴンです。
しかし、軽自動車といえども、新車で購入しようとすればそれなりの予算がかかります。そこで今回は、カーリースを使ってお得にウェイクに乗る方法や、ローン払いとの比較もご紹介していきます。

ウェイクを乗るにあたってのカーリースとローンの違いを比較

スーパーハイトワゴンタイプは軽自動車のなかで人気が高いものの、比較的車体価格は高くなりがちです。
そういった場合の支払い方法としては、車体価格を一ヶ月ごとに分割するローン払いがありますが、同じく分割払いのカーリースを利用するという手もあります。
ここでは、車体価格1,377,200円(消費税込み)のウェイク Dグレード(FF)を7年契約の84回払いで乗った場合、マイカーリース「ラクのり」とローン払いでどう違うのかを比較しました。

ウェイクに乗る場合の1ヶ月にかかる費用
カーリース(ラクのり ベーシックコース) ローン(金利年率5% 頭金、ボーナス払いなし)
月額 27,610円※1 19,504円※2
支払い回数 7年契約、84回払い 7年契約、84回払い

※1.頭金なしの場合。頭金やボーナス払いの併用も可能です。 ※2.JAバンク マイカー返済シミュレーションにて、借入額を1,380,000円に切り上げて試算。

比較の結果、毎月の費用はローン払いの方が安いという結果になりました。
しかし、カーリースがローン払いと違う点は、車体価格だけでなく、毎年払う自動車税にくわえ、車検代やメンテナンス代など、さまざまな料金が毎月の費用に含まれていることです。 最初から各種費用が月額料金の中に入っていることで、納税や車検の時期に大きな額を支払う必要がなく、それらに伴う手続きはリース会社が行うので手間も省けます。
カーリースはローンとの違いを考えると毎月の費用こそ多く感じますが、その一方で契約後は時間やお金のことを気にする必要がなく、気軽に車を手に入れることができるというメリットがあるのです。

カーリースでお金と時間の管理も簡単に

IDEXが運営するマイカーリース「ラクのり」は7年、もしくは9年の支払い期間で契約することができます。 車両代金、各種税金、メンテナンス費用を契約月数で割った金額が毎月の費用になるので、お金の管理もシンプルであることが特徴です。
契約は頭金なしも可能で、車を乗り終えたあとに残りの車両代金を支払う「残価設定」もないので、気兼ねなく新車に乗ることができます。
そして、7年契約の場合は5年経過すれば車を返却、あるいは乗り換えが可能。新たに車を買い換えるよりもお得に新車に乗ることができるというのは、ラクのりの強みといえるでしょう。

カーリースはアフターメンテナンスも充実

ラクのりには、毎月の支払いにメンテナンス費も含まれています。
料金の中には車検代だけでなく、エンジンオイル交換費も含まれており、メンテナンス時期になったら、近くのラクのり取扱店舗に車を入庫するだけなので簡単。 また、セレクトコースやパーフェクトコースを選択すれば、タイヤローテーション、バッテリー交換などのメンテナンス項目を増やすことも可能です。
さらに年に1回のボディガラスコーティングも月額料金に含まれているので、ウェイクでアウトドアに出かける方でも、ボディを美しく保つことができます。

室内と荷室の広さに特化した遊べるワゴン

2014年11月に発売されたウェイクは、箱型のボディを活かした広い室内と、現行の軽自動車最大の室内高を持つ軽スーパーハイトワゴンです。
「ミラクルラゲージ」と呼ばれるその荷室は、下部のボードを開くことでスペースを拡大。シートアレンジを併用すれば、旅行やアウトドアに出かける際も、かなりの荷物を収容することが可>能です。

快適に乗るためにはターボエンジンが必須

ウェイクに乗るならば、広い室内とアウトドア性能を活かすためにも、ターボエンジンが搭載された「Gターボ “SA Ⅲ”」グレードがおすすめです。
「Gターボ“SA Ⅲ”」は、両側パワースライドドアが搭載されているので、小さいお子さんがいる家族でも乗り降りが非常に楽。 また、ウェイクは車両重量が1000kgほどと、軽自動車の中でも重い部類であるため、街乗りや、アウトドアに出かけた際にパワー不足を感じないためにも、ターボモデルをぜひ選びたいところです。

ウェイクのサイズや燃費性能など

ウェイクは全長3,395mm×全幅1,475mm×全高1,835mmとかなり全高が高め。そして室内高は現在発売されている軽自動車の中では最大の1455mmです。
燃費はWLTCモードで17.4km/L(Dグレード FF)。価格は1,377,200円(Dグレード FF)から1,875,500円(GターボVZ“SA Ⅲ”)となります。

荷物を積んで家族とのおでかけに最適

軽自動車でありながら室内が広く、荷室も大容量なウェイクは、家族での外出が多い方におすすめ。 1,455mmを誇る室内高は、他メーカーの軽ハイトワゴンやミニバンよりも大きくとられており、小さいお子さんはもちろん、大人であってもゆったりと過ごせる広さです。
荷室下部のボードを外せば、高さ1485mmの非常に広い収納スペースが完成。家族や友達と出かけるときは、荷室を縦方向に使うことによって、4人乗車の状態でも多くの荷物を搭載できます。

汚れ対策のシートと多彩なオプションで遊べる車にも

ウェイクはその広い室内と、多彩なシートアレンジを活用することで、キャンプや釣りなどのアウトドアでも活躍します。
シート表皮には撥水、裏には防水加工が施されているので、汚れた荷物を搭載してもその後の掃除に困りません。
また、自転車を積載できるサイクルホルダーや、釣り竿を収納するロッドホルダーなど、アウトドアに役立つオプションが用意されているのもウェイクならではの魅力です。

手間のかからないカーリースなら手軽にウェイクに乗れる

街乗りからアウトドアまで、幅広く活用できる荷室と室内の広さを持つウェイク。アウトドアの使用を想定した造りになっているので、家族とともにウェイクでキャンプに出かければ大活躍間違いなしです。
そんなウェイクの購入を考えているのであれば、毎月定額のカーリースがおすすめ。車両代のほかに車検代やメンテナンス代も毎月の費用に含まれるため、各種支払いの手間もはぶけ、そのぶん時間が有効活用できます。
ウェイクで家族と楽しい時間を過ごすためにも、ぜひカーリースを検討してみてはいかがでしょうか。