トヨタ ヴォクシーに乗るならカーリースがおすすめ!
ローン支払いとの違いを比較解説

快適な居住空間を持ちながら、スタイリッシュな外観デザインが人気のミニバン、トヨタ ヴォクシー。
充実の機能が搭載されていて車体も大きいこともあり、グレードによって価格が300万円を超える場合があります。
それでも、家族みんなが乗れて見た目もカッコいいヴォクシーがほしいという方には、車両代や税金などがコミコミで、毎月の支払いが定額になるカーリースがおすすめ。そこで今回は、カーリースとローンの比較も含め、詳しく解説していきます。

ヴォクシーに乗るならカーリースとローンどっちがお得?

トヨタ ヴォクシーを新車で購入する場合、現金一括で買うという方は少ないのではないでしょうか。
一括購入以外の場合、ローンでの分割払いを検討する方が多いと思いますが、カーリースという選択肢もあります。カーリースとは、文字通り車をリース業者から借りるということですが、場合によってはローンよりもお得になることもあります。
そこでまずは、2,813,800円のヴォクシー「ZS」グレード(2WD 8人乗り)を7年契約の84回払いで支払っていくとして、マイカーリース「ラクのり」とローンではどちらがお得なのかを比較しました。

ヴォクシーに乗る場合の1ヶ月にかかる費用
カーリース(ラクのり ベーシックコース) ローン(金利年率5% 頭金、ボーナス払いなし)
月額 52,140円※1 39,857円※2
支払い回数 7年契約、84回払い 7年契約、84回払い

※1.頭金なしの場合。グレードによって頭金が必要な場合があります。 ※2.JAバンク マイカー返済シミュレーションにて、借入額を2,820,000円に切り上げて試算。

月額の支払い額を比較した結果、ローンの方が安くなりました。
しかし、カーリースはこの支払い額の中に車体価格のほか、各種税金、車検代金、メンテナンス費など、任意保険以外、車に関わってくるほぼ全ての料金が含まれているのがポイント。
税金や車検代などは車に乗る上で必ず発生する費用ですが、カーリースは納税や車検の時期に大きな額を支払う必要がなく、それらに伴う手続きはカーリース会社が行うので手間も省けます。 ラクのりのカーリースならば、メンテナンス費用込みの定額払いなので、資金管理がしやすく、無理のない車選びが可能です。

ローンは月々を抑えられても維持費の管理が必須

対して、毎月車体分のみを払っていくローンの場合、税金類はもちろん車検やメンテナンス費用など、度々大きな額の支払いをしなければなりません。
もちろん税金は前もって金額が分かっていますし、オイル交換をはじめとしたメンテナンス費用や車検代も大体の見当が付けられます。
しかし、それぞれの金額は決して小さくないため、掛かるかもしれない費用をあらかじめ貯めておかねばなりません。 日々の生活費に加え、車の維持に掛かる先々の費用まで管理するのはなかなか大変。家計管理を楽にしたいのであれば、カーリースの利用がおすすめです。

乗り換えや返却が選べる!カーリースは選択肢が豊富

IDEXが運営するマイカーリース「ラクのり」は契約期間が7年、もしくは9年から選択でき、7年契約の場合は5年経過すれば自由に乗り換えができます。 リース契約終了時はそのまま車を乗り続けるか、返却するかを選択可能。ラクのりは契約開始から終了まで払いきりで、契約終了時に残りの車両代金を払う「残価設定」がありません。そのため契約終了後は追加の支払いもなく引き続き使用することができ、契約者への名義変更料などもIDEXが負担します。
また、返却を選んだ場合、年間リース代の20%がキャッシュバック(7年契約の場合)されるので、契約終了後も安心。ヴォクシーのような家族で使用する車は、生活環境の変化で使用しなくなることもあるので、気軽に乗り換えや返却ができるのは大きなメリットです。

メンテナンスからボディコーティングまで充実のアフターケア

ラクのりはどのプランでも毎月定額で、月額料金には車検やオイル交換の費用が含まれているので、メンテナンスの際に改めてお金を払う必要はありません。 (車の故障が不安な方は、タイヤやバッテリーなどメンテナンス項目がより多いプランを選ぶこともできます。)
さらに年1回のボディガラスコーティングが付いてくるので、ヴォクシーのような自分では洗車のしにくい大きな車でも、常に綺麗な状態を保つことが可能。
ローンと比べると、カーリースは月々の支払いにメンテナンス費用がプラスされますが、車を手に入れてからの急な出費や管理の手間が省けます。 さらに定期メンテナンスをしっかり行うことにより突発的な故障のリスクが軽減するので、結果的にお得となる可能性があります。

トヨタ ヴォクシーはスポーティで迫力のあるデザインが人気

2014年1月に現行モデルを発売したヴォクシーは、ファミリーカーのイメージを覆すかのようなシャープさと、力強い外観で20~30代の若い家族に人気のミニバンです。
Lサイズミニバンのトヨタ アルファードと比べ車体サイズはコンパクトながら、室内の快適性や遮音性が非常に高いことも人気の一因になっています。

家族で快適に乗りたい方にはZS“煌Ⅲ”がおすすめ

ヴォクシーは2020年4月の仕様変更で5ナンバーサイズの「X」「V」グレードを廃止。エアロ装着モデルの「ZS」がベースグレードとなり、同じく10月には内外装を豪華にした特別仕様車「ZS“煌(きらめき)Ⅲ”」が追加されました。
そんなヴォクシーのおすすめのグレードは見た目だけでなく、装備も充実した「ZS“煌Ⅲ”」です。 「ZS」では助手席側のみだったパワースライドドアが両側につき、後部座席から操作できるオートエアコンも追加。家族で快適にヴォクシーに乗りたい方は「ZS“煌Ⅲ”」を強くおすすめします。

完全3ナンバーになったヴォクシー

全長4,710mm×全幅1,735mm×全高1,825mmのヴォクシーは、エアロで5ナンバー枠のサイズを超えているため3ナンバーとなります。
燃費はガソリンエンジンの2WDモデルが13.2km/L(WLTCモード)、ハイブリッド2WDが19.0km/L(WLTCモード)。
車体価格は「ZS」の 2,813,800円から、ハイブリッドモデル「HYBRID“ZS煌Ⅲ”」の3,443,000円(消費税込み)です。

トヨタ ヴォクシーの魅力は広く快適な室内

ヴォクシーはその広い室内空間や快適装備の多さから、お子様のいる家族での使用にうってつけです。大きな荷物を積む場合は、3列目シートを跳ね上げて収納し、ラゲッジスペースを拡大することも可能。 また、室内の高さは1,400mmを確保しているので送迎や旅行など、さまざまなシーンで家族みんなが快適に過ごすことができます。
安全装備としては、衝突被害軽減ブレーキや車線逸脱警報をはじめとした運転支援システム「Toyota Safety Sense」が搭載され、家族や友人とのお出かけも安心です。

スタイリッシュなミニバンに乗りたい方にもぴったり

エアロパーツやメッキ加飾がふんだんに使われているヴォクシーは、ミニバンは欲しいけれど、見た目にはこだわりたいという方にもおすすめ。 迫力のある大型バンパーや、サイドマッドガード、LEDヘッドランプなどを採用し、他メーカーのミニバンの中では抜きんでた精悍さです。
さらに特別仕様車の「ZS“煌Ⅲ”」では、ボディー各所にメッキやピアノブラック塗装が追加されるとともに、室内シートには合成皮革を採用。 見た目の洗練さが増すとともに上質感もプラスされているので、快適さを保ちつつも、一味違ったミニバンに乗りたい方にはぴったりな仕様です。

家族の車だからこそヴォクシーに乗るならカーリースがおすすめ

ヴォクシーはファミリーカーとしての使い勝手とスタイリッシュさを併せ持ち、ミニバンの中でも非常に人気の高い車です。 その反面、ベースグレードが「ZS」からになったことで、他メーカーのミニバンよりも車体価格が気持ちお高めで、気軽に購入できなくなってしまいました。
しかし、カーリースであれば毎月定額でヴォクシーに乗ることができ、税金や車検代の支払いなどが別途必要ありません。 ラクのりなら最寄りのラクのり取扱店舗でオイル交換や車検などのメンテナンスができます。
家族と楽しく、安心してヴォクシーに乗るためにも、ぜひカーリースを検討してみてはいかがでしょうか。