爽快な走りを月々定額で!
ダイハツ コペンをカーリースで乗るのがお得な理由

そのかわいらしい外観や走りの楽しさから、根強いファンも多い軽オープンカーのダイハツ コペン。現在ではこのような軽オープンスポーツタイプのモデルは少なくなっており、カーシェアやカーリースで乗ってみたいという人も増えています。
そこで今回は、カーリースでコペンに乗るメリットや、ローンを組んで購入する場合との比較を解説していきます。

カーリースとカーローン、コペンに乗る費用を月額で比較!

コペンはダイハツの軽自動車ラインナップの中でも唯一の2シーターオープンカーで、軽快な走りを楽しみたい、ドライブ好きな方にぴったりのモデルです。
そんなコペンの新車購入価格は、1,888,700円~2,437,200円。軽自動車としてはやや高めに感じるかもしれませんが、スポーツカーとしてはかなりお手頃な値段です。

そこで気になるのが、コペンに乗るならカーリースと購入ではどちらがお得なのかということ。カーリースなら月額定額料金、カーローンも毎月の返済となりますが、それぞれの料金がどうなるのかを比較してみました。

なお、コペンには4つのデザインが用意されていますが、「Robe(ローブ)」と「XPLAY(エクスプレイ)」のAT車がともに1,888,700円。このモデルを7年契約(84回払い)でリース、またはローンを組むと仮定してシミュレーションを行います。

コペンに乗る場合の1ヶ月にかかる費用
 カーリース(ラクのり ベーシックコース)ローン(金利年率5% 頭金、ボーナス払いなし)
月額34,980円※126,713円※2
支払い回数7年契約、84回払い7年契約、84回払い

※1.頭金なしの場合。頭金やボーナス払いの併用も可能です。 ※2.JAバンク マイカー返済シミュレーションにて、借入額1,890,000円で試算。

結果は、カーリースの方がローンを組むより毎月8,000円ほど高くなりました。これだとカーリースが割高となり、ローンの方がお得だと思えるかもしれません。
ただ、忘れてはならないのが車の維持費や諸費用です。カーローンの支払い額は車両代金のみとなりますが、カーリースの月額料金には車両代金だけでなく、自動車税や車検代、自賠責保険、登録手数料など維持費や諸費用が含まれています。そのため、税金や車検といったふいの高額な出費がなく、家計の予定も立てやすくなります。車にまつわる費用がコミコミの定額である点はカーリースの大きなメリットです。

また金額の点だけでなく、税金を納めに行く手間がないのも見逃せないポイント。
車を持つと「出費が読めない」「税金の支払いが手間」など、ストレスに感じる方もいるでしょう。そんな方には、ローンより8,000円ほど増えるだけでこれらのストレスが格段に減らせるカーリースがおすすめです。

カーリースでコペンに乗るメリットとは

コペンのようなスポーツタイプの車に乗る場合、ドライビングを楽しむ愛車として購入し、長く乗るというイメージが強いと思います。
しかし、そこをあえて購入ではなくカーリースで乗るとしたら、どのようなメリットがあるのでしょう。

カーリース最大のメリットは、頭金や初期費用が0円であること。コペンをローンで購入するのであれば、頭金は車体代金約190万円の2割として38万円、諸々の初期費用を合わせると購入前に約50万円程度必要になります。
マイカー貯金がなくてもすぐに乗り始められるのはカーリースならではの嬉しいポイントと言えるでしょう。

また、2人乗りのコペンは、ファミリー層よりも若い方やシニアの方、またセカンドカーとしてドライブ用に欲しいという方が多いはず。特にセカンドカーであれば、税金やメンテナンス代などの車にまつわる費用を一本化できれば管理の手間も省けて便利です。
車を維持するにはお金の管理が大変ですが、カーリースなら維持費込みの月額定額で管理が簡単で、ふいの出費に慌てることもありません。

ラクのりなら走行距離制限なくコペンをマイカーに!

前述したように、コペンに乗るならやはりマイカーとして持ちたい方が多いと思います。
一般的なカーリースの場合、契約期間が終われば車を返却しなくてはなりませんが、マイカーリース「ラクのり」は7年または9年の契約満了と同時に車をそのままもらうことができます。

そんなことが可能な理由は、カーリースの「残価設定」にあります。一般的なカーリースは車両返却時の残価(車の価値)を見越して月額料金を算定しますが、マイカーリース「ラクのり」はこの残価設定をしていないため、特別なオプション料金や買取料金もなく車を自分のものにできるのです。

さらに一般的なカーリースには走行距離に制限があり、決められた走行距離を超えてしまうと超過清算金が発生してしまいます。しかし、ラクのりでは契約満了まで乗り続けると走行距離制限がなくなり、いくら乗っても精算の必要がありません。
思う存分コペンでドライブを楽しみたいユーザーにとって、うってつけのプランと言えるでしょう。

4つのデザインから選べて、着せ替えもできるダイハツ コペン

2002年に誕生し、2014年にフルモデルチェンジしたコペンは、現在4つのデザインを用意しています。
その4つとは、基本となる「Robe(ローブ)」、アグレッシブなツートンカラーの「XPLAY(エクスプレイ)」、初代に近い丸目デザインの「Cero(セロ)」、そしてトヨタとのコラボモデルである「GR SPORT」です。

オーナーの好みに合わせて選べるだけでも楽しいですが、さらに「Robe」と「Cero」は外板を取り外して着せ替えができる「ドレス・フォーメーション」というシステムを採用。たとえば旅行中だけ「初代風」でレトロな雰囲気に……といったことも可能なのです。

また、ルーフの素材やホイールも選ぶことができ、遊び心のある外観にしたい方や、「マイ・コペン」を作り上げたい方にもぴったり。そして、オープンカーと言えば気になるのはルーフですが、コペンの電動開閉式ルーフ「アクティブトップ」はスイッチ一つで簡単に操作可能。約20秒でフルオープンし、四季折々の空気を感じながらのドライブを満喫することができます。

ダイハツ コペンの基本情報

  • 全長×全幅×全高 = 3,395mm × 1,475mm ×1,280mm
  • 燃費(WLTCモード):19.2km/L(AT車)
  • 価格:1,888,700円 ~ 2,437,200円(消費税込み)

オーナー同士の交流もできる! こんな方にコペンがおすすめ

昨今、カッコいいSUVや低燃費のコンパクトカーが人気で、純粋に走りの楽しさを味わえるスポーツカーは少なくなってきました。
そんな中、手頃な価格の軽スポーツカーは稀少な存在で、そのことがコペンのファンを強く惹きつけている要因でもあります。

また、コペンは流行の車ではなく自分らしい車、人とは違う車、走りを楽しむ車が欲しいという方におすすめしたいモデル。ダイハツはそんな思いを持つコペンオーナーたちが交流できるSNS「COPEN CLUB」や様々なイベントを提供しており、交流の場を通して自身のカーライフを誰かと共有できることもコペンの大きな魅力となっています。

GR SPORTで大人の走りを楽しむ

2019年に追加された「COPEN GR SPORT」は、コペンらしさをしっかり残したまま、TOYOTA GAZOO Racingの協力で実現した新グレード。操舵性や足回り、空力性能などにトヨタのモータースポーツのノウハウが活かされており、快適なロングドライブを楽しみたい方にもおすすめです。

ホンダ S660の生産終了で更に人気アップ!?

ダイハツ コペンと並ぶ2シーター軽オープンスポーツとして人気を博したのが、2015年に登場したホンダ S660。
しかし、S660は早くも2022年3月で生産終了となり、多くの惜しむ声が寄せられました。これにより2シーター軽オープンスポーツは更に稀少な存在となり、コペン人気が再燃しています。

マイカーリース「ラクのり」でコペンを楽しみ、マイカーにしよう

4つのデザインや着せ替えシステム「ドレス・フォーメーション」など、外観を最大限に楽しむことができるほか、純粋な走りの喜びを味わえるのがコペンの魅力。
マイカーリース「ラクのり」でコペンに乗れば、頭金なし・月々定額で手間なく便利なカーライフを送りつつ、契約が満了すればマイカーとして車がもらえ、長く乗り続けることも可能です。

また、ドライブ好きにはネックとなるカーリースの走行距離制限も、ラクのりであれば契約満了まで乗り続けることで精算の必要がなくなり、実質的には乗り放題となります。
オーナー同士で交流もでき、移動の道具としてではない車の楽しみを存分に味わえるコペン。稀少な存在となった軽オープンスポーツのコペンに乗るなら、ラクのりがおすすめです。