カーリースはやめとけ!と言われる5つの理由と対策

近年、頭金なし&月々定額で気軽に車が使えるカーリースの人気が高まっています。
ただし、実際に使ってみたユーザーから「カーリースで後悔した」「カーリースはやめとけ」という声が聞かれるのも残念ながら事実です。
そこでこの記事では、「カーリースはやめとけ」と言われる5つの理由を解説し、後悔しないための対策をご紹介していきます。

「カーリースはやめとけ」理由1:リースは返却が必要だから

カーリースでは契約期間中、マイカーのようにいつでも自由に車を使うことができます。
しかし車を購入するのと大きく異なる点は、契約期間が終わったら車を返却しなくてはならないことです。
新車を購入するのと同じように車種を選んで本体価格を支払うため、マイカーのように錯覚してしまいますが、あくまでリースは借り物。 いざ返却となった際に、「やっぱりまだ車が必要」「そのまま乗り続けたい」と言っても遅いのです。

対策のヒント

カーリースでは契約の際に必ず契約期間を決めますが、その長さによって月額のリース料も変わってきます。
契約期間が長ければ長いほど月額料が安くなるためつい長期契約をしてしまいがちですが、5年先、10年先の未来に自分がどういう状況になっているか、慎重に考える必要があります。
月額料が高くても見通しが立ちやすい短期契約にするか、あるいは返却以外の選択肢があるカーリースを選ぶのも一つの手です。

ラクのりなら車がそのままもらえる!

マイカーリース「ラクのり」では契約期間を満了した際、車を返却するか、あるいはそのままもらうかを選ぶことができます。
車を返却する場合はプランによってキャッシュバックがあり、車をもらう場合は追加清算や有料オプション加入、名義変更費用など追加費用はかかりません。
返却時の状況によって利用者が好きな方を選べるため、返却の心配をすることなくカーリースを利用できます。

「カーリースはやめとけ」理由2:中途解約ができないから

カーリースは車のサブスクリプションとも言われ、気軽に乗れるイメージがあります。
ただ、音楽や動画などのサブスクはやめたい時にやめられますが、カーリースは原則、中途解約をすることができません。
家族が増えて車が手狭になった、引っ越しで車が不要になったなどの際でも中途解約はできないため、「こんなはずじゃなかった」と後悔するケースがあるのです。
また、どうしても解約しなければならなくなった際は高額の違約金が発生し、一括清算しなければならない場合もあるため注意が必要です。

対策のヒント

中途解約のリスクを避けるためには、転勤や結婚などのライフプランと契約年数、そして月額料金のバランスを取ることが欠かせません。
また、どんな車種やメンテナンス内容を選べるかなども含め、不安な点や疑問点は契約前にリース会社に確認しておく必要があります。

ラクのりなら中途解約可能!

ラクのりでは7年契約の場合、契約から5年が経過した時点で車を返却することができます。(9年契約では7年) また、その際の査定で一定の基準をクリアしていれば精算金の必要はありません。
さらに5年以内であっても、未払いのリース料を解約金として支払うことで解約が可能となっています。

「カーリースはやめとけ」理由3:不慮の事故でも違約金がかかるから

どんなに気をつけていても、車に乗っていれば事故のリスクをゼロにすることはできません。
もしも全損事故になった場合、購入した自己所有の車であれば廃車にできますが、リース車の場合は途中解約を余儀なくされ、車の返却もできず違約金もかかってしまいます。

対策のヒント

上記のように、カーリースでは全損事故の際の車両の補償が非常に心配になります。
一般的な任意保険に加入しても、カーリース車両の補償は対象外となってしまう場合があるため、対策としては、カーリースに対応した専用の保険に入ることが有効です。

ラクのりなら保険の相談もできる!

任意保険は本来リース契約に含まれていないため利用者自身で個別に契約しなければなりません。どんな保険を選べばよいのか、その保険がカーリースに対応しているのかなどを調べるのは意外と手間が掛かります。
その点、ラクのりでは店舗やフリーダイヤルで任意保険についての相談も受け付けており、初めてカーリースの利用を検討している方でも安心です。

「カーリースはやめとけ」理由4:走行距離制限があるから

カーリースには「走行距離制限」というものがあり、毎月の走行距離に制限が設けられています。
その距離はリース会社やプランによって異なりますが、毎月1,000km~1,500kmほど。近所の買い物程度であれば問題ありませんが、毎日の長距離通勤ともなれば制限距離をオーバーしてしまう可能性があります。その場合は超過分の追加清算が必要です。
また、仮にオーバーしなかったとしても、距離を気にしながら運転するのはストレスにもなります。

対策のヒント

走行距離制限については、なるべく事前に自分が走る距離を予想して割り出しておき、距離オーバーにならないリース会社を選ぶことが大切です。
ただ、毎月の制限と言っても最終的には毎月の走行距離制限×契約期間のトータルの距離で計算されるため、たまに距離オーバーした月があったとしても目くじらを立てる必要はありません。
それでも心配な場合は、走行距離制限のないリース会社を探してみましょう。

ラクのりなら契約満了で走行距離制限ナシ!

ラクのりの走行距離制限は月に2,000kmで、一般的なカーリースより長距離となっています。
ただし、これは中途解約した場合に適用される制限距離であり、契約を満了した場合はいくら走行距離がオーバーしていても精算金は必要ありません。 契約満了まで乗るのであれば実質的に距離無制限で走れるため、ストレスもなく安心です。

「カーリースはやめとけ」理由5:支払い総額が高いから

カーリースはリーズナブルな月額料金で新車に乗ることができますが、支払い総額を計算してみると、実は普通に購入するより総額が高くなる場合があります。
購入するより高い金額を払って最後には車を返却するのですから、割に合わないと思う方もいるでしょう。
ただ、カーリースのリース料には自動車税や車検代、メンテナンス代などが含まれているほか、頭金を用意する必要もないため、使い勝手を考えれば決して損ではありません。

対策のヒント

カーリースでは長期のプランほど月額料が安くなりますが、支払い総額としては高くなりがちです。 そのため、支払い総額を抑えたい場合は契約年数別でシミュレーションをし、総額を比較検討するとよいでしょう。
また、メンテナンスプランについては、多少高くても手厚いコースを選ぶ方が故障や事故を未然に防ぐことに繋がり、結果的に安上がりとなる場合があるためおすすめです。

ラクのりならガラスコーティングまでコミコミ!

ラクのりのメンテナンスプランはどのコースであっても車検にオイル交換、そして年1回のボディガラスコーティングが含まれています。
その上、燃料油代の割引やポイント還元まであるため、お得に利用することができます。

特徴を理解し、賢くカーリースを使おう

カーリースには普通に車を買うのとは似ているようで違う、カーリースならではのルールや特徴がいくつかあります。
これらをあらかじめ理解し、賢くプランニングすることで損をせず便利に車を使えるため、ぜひこの記事を参考にカーリースを上手に利用してみてください。