毎月の出費もエコになる!?
ダイハツ ミライースでカーリースを使うメリットとは

ハイブリッド車や電気自動車に続く第3のエコカーとして、驚異的な燃費の良さを持つ軽自動車、ダイハツ ミライース。
そんなエコなミライースでも、新車で購入するとなるとそれなりの出費となります。そこで今回は、毎月定額のカーリースを利用して、お得にミライースに乗る方法を解説します。

カーリースとローンの一ヶ月あたりの出費を比較

軽自動車の中では安価な部類に入るミライースですが、本体価格はベースグレードでも約100万円程度と、なかなか一括で支払うというのは現実的ではありません。
そういった場合は一般的には毎月分割した金額を払うローン購入と、今回ご紹介するカーリースを利用することになります。
では、ローン支払いとカーリースはどちらがお得なのか、車体価格860,200円(税込)のミライース 「B」グレードを7年契約の84回払い、ボーナス払いなしという設定で、マイカーリース「ラクのり」とカーローンの毎月の支払いを比較してみました。

ミライースに乗る場合の1ヶ月にかかる費用
カーリース(ラクのり ベーシックコース) ローン(金利年率5% 頭金、ボーナス払いなし)
月額 20,350円※1 12,155円※2
支払い回数 7年契約、84回払い 7年契約、84回払い

※1.頭金なしの場合。頭金やボーナス払いの併用も可能です。 ※2.JAバンク マイカー返済シミュレーションにて、借入額を860,000円に切り捨てて試算。

比較したところ、ローンの方が毎月8,000円ほど安くなりました。
しかし、カーリースがローンと異なる点は、毎月の支払いが車体価格だけではなく、税金や、車検代、メンテナンス費なども含まれていることです。 カーリースは契約開始から終了まで毎月定額になるため、支払いの手間やお金の準備に悩まされることがありません。そうすることで、金銭的にも時間的にも余裕ができ、計画的なカーライフを送ることができます。 

カーローンは不確定な要素が多い

これまで一般的に利用されてきたカーローンは、車両代の支払い額を抑えられる代わりに、車両代以外の費用が一定ではないという不確定な要素を多く含んでいます。
まず、上記のシミュレーションでは、カーローンの金利を5%で計算していますが、金利は5%と決まっているわけではありません。4%以下であればよいものの、場合によっては7%以上になる可能性も十分にあり、その場合は当然月々の支払いは大きくなります。 また、車検やオイル交換などのメンテナンスも、依頼先によって変動するため、月々のローン返済以外にも、さまざまな費用負担に備えた準備が必要です。

メンテナンスはIDEXサービスステーションにおまかせ

カーリースは月々定額というだけでなく、契約する方に合わせたさまざまなサービスを用意しています。
ラクのりの場合、メンテナンス費用は毎月の支払いに含まれており、近くのIDEXサービスステーションで、車検整備やエンジンオイル交換などを依頼することが可能。 さらにパーフェクトコースを選べば、タイヤ、バッテリー、ワイパー交換などの項目も追加できます。 また、イデックスクラブカードで支払うことで、契約期間中は燃料代がベーシックコースの場合が1円/L引き、セレクトコースは3円/L引き、パーフェクトコースならば5円/L引きと、エコなミライースの燃料代をよりお得にできるのです。

欲しかった新車が気軽に乗れ、契約中の乗り換えもしやすい

カーリースというと車種が制限されていたり、頭金の支払いや残価設定がついていたりと気軽に利用できないイメージをお持ちの方も多いと思います。
しかし、ラクのりのカーリースなら希望する新車をリース会社が代わりに購入するので、国産車であれば契約できる車種に制限はありません。(一部取り扱いのない車種もあります。) そして、契約時の頭金は発生せず、満了時の残価分を支払う残価設定もないので、気軽に新車に乗ることが可能です。(車種、グレードにより頭金が必要な場合もあります。)
さらに7年契約なら5年経過後の乗り換え、もしくは返却も可能なので、気軽に乗り換えることができます。

コストパフォーマンスの高い第3のエコカー

ダイハツ ミライースは、2017年5月に現行モデルを発売した5ドア軽ハッチバックです。 ガソリン車ですが、ハイブリット車並みの低燃費性能のため、ハイブリット車、電気自動車に次ぐエコカーという意味で第3のエコカーと呼ばれています。
「低価格」「低燃費」を重視した初代にくわえ、2代目の現行モデルでは、衝突被害軽減ブレーキや誤発進抑制装置などが付いた先進の運転支援システム「スマートアシストⅢ(スマアシⅢ)」が搭載され安全性も向上しました。

予算に余裕があるならスマートアシストⅢ搭載グレードを選ぼう

ミライースは大きく分けて「B」「L」「X “SAⅢ”」「G “SAⅢ”」と展開されており、スマートアシストⅢは下のグレードでも選択することが可能になっています。
リーズナブルな価格が魅力のミライースですが、予算にある程度余裕があるならば、装備が豪華な「X “SAⅢ”」がおすすめです。 「X “SAⅢ”」グレードでは、ヘッドランプや電動格納ミラーなどが搭載され「B」や「L」ではオプションだった後席ヘッドレストも標準装備。さらにスマートアシストⅢも搭載され、下位グレードと比べより安全で快適に乗ることができます。

ミライースの基本情報

ミライースの車体サイズは全長3,395mm × 全幅1,475mm × 全高1,500mm(4WDは1,510mm)。 「B」グレード(2WD)でWLTCモード燃費25.0km/Lを実現し、第3のエコカーと言われるだけあり燃費性能は非常に優秀です。
車体価格(消費税込み)は「B」の860,200円から、スマートアシストⅢ付きの「G “リミテッドSAⅢ”」の1,372,800円となります。

ミライースは女性や高齢者の方にも運転しやすい軽自動車

軽自動車の中でもコンパクトな部類に入るミライースは、その取り回しの良さから女性や高齢者の方にもおすすめです。最小回転半径も小さいので小回りが効き、非常に街乗りに適したつくりになっています。
運転席のメーターは、大きく見やすい白色LED表示。運転に自信のない方や高齢者の方でも、運転しやすく人に優しい軽自動車です。

地球環境にもお財布にも“エコ”

車体価格は安く抑えつつ燃費も良い車に乗りたい、といったコストを優先する方にとってもミライースはおすすめです。
最安値モデルなら快適装備は少ないものの、車体価格は860,200円。また、上の項でおすすめした「X “SAⅢ”」グレードでも1,100,000円台から購入できます。
そして、パワートレインの効率化や、車体の軽さを生かして実現した燃費性能は非常に高く、毎日の通勤やお仕事など、車の使用頻度の多い方にとってミライースはコスト面でも“エコ”なのです。

コスパ優秀なミライースをカーリースで気軽に乗る

安価な車体価格と燃費性能の高さ、そして先進の安全運転支援機能を兼ね備えることで、驚きのコストパフォーマンスの良さを発揮するミライース。 ただ、いくらコストパフォーマンスに優れているといっても、新車購入と維持費はそれなりの出費になってしまいます。
カーリースならば、毎月定額でミライースに乗ることができるほか、メンテナンス費も料金に含まれているので、予期せぬ出費や支払いの手間を軽減することが可能。 さらに、ラクのりでは乗り換えや返却、充実したプランなど、契約する方のニーズに合わせてさまざまなサービスが用意されています。 出費を気にせず気軽にミライースに乗りたいという方は、ぜひカーリースを検討してみてはいかがでしょうか。