ホンダ ヴェゼルは乗ってヨシ眺めてヨシの都市型SUV

ライバル車種が多く、激戦区のCセグメントのコンパクトクロスオーバーSUVのホンダ ヴェゼル。
2013年に初代モデルが登場し、2021年に2代目へフルモデルチェンジしました。2代目ヴェゼルは発売後1ヶ月で、月間販売目標5,000台の6倍以上となる累計約3万2,000台以上を受注しています。
ヴェゼルがこれほどの人気である理由はどこにあるのか。今回はよりスタイリッシュで都会的になったホンダ ヴェゼルの歴史、特徴や魅力、利便性を解説します。

コンパクトで街中でも走りやすいホンダ ヴェゼル

ホンダ ヴェゼルは、コンパクトなサイズで扱いやすく、街中での運転がしやすい都市型クロスオーバーSUV。
ハイブリッドをラインナップしており燃費性能にも優れています。また、充実した運転支援システムにより安全性が高いことも特徴です。

多角的な価値を持って登場した初代ヴェゼル

2013年に発売を開始したヴェゼルは、SUVの力強さとクーペのあでやかさ、さらにミニバンの使いやすさや優れた燃費性能など、ジャンルの枠を超えた多面的な価値を高次元で融合させた新しいモデルとして登場しました。
緩やかな弧を描くボンネットやルーフラインなどにより、クーペのように流麗なスタイリング。 Cセグメントに属するコンパクトなボディサイズに対し、室内は前席だけでなくリアの膝まわりスペースにもゆとりがあります。また、ゆったりと座れる座面長のリアシートを備えていることも特徴です。

2代目はコンセプトを継承しつつよりスタイリッシュに進化

2021年にフルモデルチェンジして2代目になったヴェゼルは、初代のコンセプトであるクーペライクなスタイリングを受け継ぎながら、デザインは水平基調に変更。 ボンネットの先端から車両後端まで一直線に伸びるショルダーラインが伸びやかさを演出し、横方向に伸びるヘッドライトやリアコンビランプにより、ワイドでスタイリッシュな印象です。
また、インテリアも水平基調のダッシュボードやドアトリムにより、初代よりも上質で落ち着いた室内空間となっています。
ボディサイズは、全長4,330mm、全幅1,790mm、全高1,580~1,590mmとコンパクトで扱いやすい大きさです。 ホイールベースが2,610mm、最小回転半径が5.3m~5.5mと街中でも運転がしやすいスペックとなっています。

扱いやすいサイズで燃費性能に優れるパワートレイン

2代目ヴェゼルのパワートレインは、ガソリンエンジンとモーター走行を中心にさまざまなドライブモードを使い分ける2モーターハイブリッドシステム「e:HEV(イーエイチイーブイ)」の2種類をラインナップ。
ガソリンエンジンは、1.5L直列4気筒で、最高出力87kW(118PS)/6,600rpm、最大トルク142Nm(14.5kgm)/4,300rpm、WLTCモード燃費が15.6~17.0km/Lです。
ハイブリッドの「e:HEV」には、1.5L直列4気筒ガソリンエンジン(最高出力78kW(106PS)/6,000~6,400rpm、最大トルク127Nm(13.0kgm)/4,500~5,000rpm)に、モーター(最高出力96kW(131PS)/4,000~8,000rpm、最大トルク253Nm(25.8kgm)/0~3,500rpm)という組み合わせ。 モーターのみの走行も可能で、WLTCモード燃費は、22.0~25.0km/Lです。

トランスミッションは、e:HEVが電気式無段階変速機で、ガソリン車がトルクコンバーター付き無段階オートマチック(CVT)を搭載。駆動方式は、2WD(FF)と4WD(e:HEV PLaYを除く)です。

全車に標準装備される安全運転支援システム「Honda SENSING」

2代目ヴェゼルには、初代ヴェゼルよりも機能が向上した安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」が全タイプに標準装備されています。
標準装備される機能は、衝突軽減ブレーキ(CMBS)や誤発進抑制機能、後方誤発進抑制機能などの今では当たり前となりつつある機能。 さらに、近距離衝突軽減ブレーキや歩行者事故低減ステアリング、路外逸脱抑制機能といった操舵支援など充実した内容です。
また、渋滞追従機能付アダプティブクルーズコントロール(ACC)、車線維持支援システム(LKAS)、先行車発進お知らせ機能、標識認識機能、オートハイビームなど、安心と安全を強力にサポートしてくれます。

そして、「e:HEV Z」と「e:HEV PLaY」には、リアバンパーに内蔵されたレーダーにより、車両の後側方25m以内に接近する車両を検知し、ドアミラー上のインジケーターを点灯させる「ブラインドスポットインフォメーション」が装備されます。
さまざまな機能が充実した「Honda SENSING」は、通勤や買い物といった日々の運転から、休日のロングドライブまで幅広くカバーしている運転支援システムです。

多彩なシートアレンジと利便性が高い室内

ヴェゼルの後席空間は、ゆとりのある足元空間や爽快な視界を確保しているだけでなく、多彩なシートアレンジによって、さまざまな荷物を載せられることが大きな特徴です。
リアシートをダイブダウン(床下に収納)させれば、フラットで広大なラゲッジルームを作り出せます。 リアシートは、60:40の分割可倒式であるため、荷物の大きさや長さなどに応じて、ラゲッジ容量のアレンジが可能。
また、リアシートの座面を跳ね上げることもでき、センタータンクレイアウトによる低い床面と相まって、高さのある荷物の積載も容易です。

そのほか室内には、ドリンクホルダー、アームレストコンソールボックス、フロントコンソールアッパートレイ、シートバックポケット、ドリンクホルダー付きリアセンターアームレストなど、痒い所に手が届く収納が装備されています。

スマホで車が操作できる「Honda CONNECT」

2台目ヴェゼルの特に注目すべき機能が、コネクテッド技術を搭載した車載通信モジュール「Honda CONNECT(ホンダコネクト)」です。
スマートフォンがキーになる「Honda デジタルキー」や、車内でデジタルコンテンツを楽しんだりテレワークをしたりできる「車内Wi-Fi」。
さらに、離れた場所から車のエアコンをONすることができ、ドアの施錠もできる「Honda リモート操作」。 もしもの時にも安心な「緊急サポートセンター」や「Honda ALSOK駆けつけサービス」も利用することができます。

別途「Honda Total Care」への加入や、「Honda Total Care プレミアム」の申し込みは必要ですが、車をより快適で安心して使いたい方には必見の最新機能です。

人気の都市型クロスオーバーSUVを定額で乗りたいなら「ラクのり」がおすすめ

ホンダ ヴェゼルは、クーペのようにスタイリッシュなエクステリアと上質感あるインテリア、全席の快適性、使い勝手の良いラゲッジルームを備える都市型クロスオーバーSUVです。
2代目になり魅力を増したヴェゼルに乗りたいと思ったら、税金、自賠責保険、車検、メンテナンス、ボディガラスコーティングなどが月額料金に含まれているマイカーリース「ラクのり」をおすすめします。

ラクのりでヴェゼル G(ガソリン車、FF/CVT)をパーフェクトコース84回払い(7年契約/頭金・ボーナス払いなし)で契約した場合、月額の料金は47,190円(税込)。 さらに、イデックスクラブカードの利用でガソリン代が値引きになるのも嬉しい特典です。
日常の運転から休日のアクティビティまで幅広くこなせるヴェゼルに乗りたいと思ったら、ラクのりの利用を検討してみてはいかかでしょうか。